交通事故被害で負った後遺障害の種類で下肢機能障害

遺障害の種類と下肢機能障害について説明します

交通事故と下肢機能障害

車社会と呼ばれる現代において、交通事故は日々あらゆるところで起きています。そして、その交通事故により、後遺障害となることもあるのです。ではこの後遺障害とはどのようなものなのでしょう。

後遺障害とは、一定期間の治療を終えて、それ以上の症状の改善が見込めないと医師が判断したものです。怪我は完治するのがいいのですが、中には痛みや障害が残ってしまうことがあります。これを後遺症と言いますが、医師が後遺障害診断書を発行し、認定機関が後遺障害に関しての等級を認定すれば、後遺障害となるのです。後遺障害としてよく知られるのがむちうちでしょう。むちうちの症状としては、頭痛や首の痛み、めまいなどが挙げられます。この後遺障害には他にも、様々な種類があり、それぞれに症状や状態に違いがあり、被害者を苦しめていくのです。その後遺障害の中でも、今回は下肢機能障害について取り上げてみます。

下肢機能障害とは、股関節とひざ関節、そして足関節に大きな障害を残す後遺障害のことです。具体的には、これらの関節のいずれかが動かなくなったり、可動域が制限されることになり、それまで通りの生活が送れない状態となる、非常に重度の後遺障害なのです。交通事故は、こちらがいくら気を付けていても、相手がいることですので、どこで遭遇するかわかりません。その結果、不幸にも後遺障害となる人もいるのです。このサイトは、その後遺障害の種類と下肢機能障害について説明します。