交通事故被害で負った後遺障害の種類で下肢機能障害

遺障害の種類と下肢機能障害について説明します

症状固定と後遺障害

車社会と言われる現代において、誰もがいつ交通事故に巻き込まれるか分かりません。不幸にも交通事故に遭い、そして怪我を負い、入通院を余儀なくされることもあります。しかもその怪我が完治せず、後々にまで症状が残ってしまうこともあるのです。これを後遺障害と呼びます。

後遺障害と同じ意味に捉えられがちなものとして、後遺症があります。後遺症は、交通事故で被害に遭い、怪我をした際に、その事故直後の強い症状が治癒した後も、身体に何らかの機能障害や傷痕が残ることです。これは病院で治療を続け、6ヶ月経過後に、医師から「症状固定」と判断され後遺症であると診断されます。この後遺症ですが、さらにその医師が後遺障害診断書を発行し、それが認定機構により認められることで、後遺障害となるのです。

後遺障害はその症状により、等級に区分され、その等級認定されることで交通事故の加害者に対し、損害賠償請求ができるようになるのです。この後遺障害ですが、症状固定が重要となってきます。症状固定とは、これ以上治療を続けても、改善が見込めないとみなされたもので、賠償上、治療費などの請求ができなくなります。こうして、すべての賠償額が確定し、示談交渉となっていくのです。