交通事故被害で負った後遺障害の種類で下肢機能障害

遺障害の種類と下肢機能障害について説明します

下肢機能障害の内容

後遺障害の中でも身体的に重度なものに、下肢機能障害があります。下肢とは、股関節とひざ関節、そして足関節までの3大関節に足の指を加えた部分のことで、後遺障害の認定対象としては、足関節から先は足指として別に扱われます

一方で、後遺障害としての機能障害とは、まず「下肢の用を全廃した」ものとして、3大関節すべてが強直したものがあります。これには、足指も含まれ、関節がまったく動かない状態、もしくはそれにかなり近い状態のものです。次に「関節の用を配した」ものとしては、関節が強直、または完全弛緩麻痺、そして人工関節や人口骨頭を入れた関節の中で、その可動域が半分以下という症状のものがあります。また「関節の機能に著しい障害を残すもの」として、人工関節などを含めた関節の可動域が半分以下のもの以外のものもあります。

このように、下肢機能障害は3大関節のいずれかが動かなくなる、あるいは可動域が制限されるようになってしまったもの、そして3大関節の全てが動かなくなってしまった状態のものを言い、後遺障害の中でもかなり重症なものになります。車は便利なものですが、交通事故という危険を常に含んでいることを忘れてはいけません。